内科と精神科の双方から、病気を治療していきましょう

カウンセラー

個人判断の注意

うつ病になったかなと感じたときの注意点

何となく憂うつな状態が数日から数週間続き、何もする気が起きなくなったり、特定のことが億劫になったりした場合にはうつ病ではないかと感じてしまいます。うつ病ではと感じた場合には、素人判断で勝手に治療を行うようはやめましょう。うつ病の治療は専門家の指示を仰ぐのが鉄則です。巷には民間療法があふれ、精神薬などが簡単にインターネットを通して買うことができるようになっています。素人判断で民間療法を選んだり、薬を選んだりしてしまいますと、逆にうつ病が悪化したり、治療しにくくなったりすることがあります。もちとん自分に合うものもあるかもしれないですが、素人判断での治療はやめるようにしたほうがいいです。必ず内科や心療内科などの専門医に治療を協力してもらうように注意しましょう。

治療の前に知っておくといいこと

実際に専門家の所に行き相談や治療を行う場合には誰でも不安になるものです。どのような形で診察が行われるのか、どのようなことを聞かれるのかなど不安がたくさんあります。診察の流れは風邪などで内科を受診する時とさほど変わりはないです。受付を行い、問診票を記入してから診察という流れです。診察では、どのような症状がいつぐらいから出てくるようになったのかを聞かれます。症状が出てからの気分や普段の生活への影響(食欲・睡眠の状況・性欲など)も一緒に聞かれます。また普段生活している周囲の環境や仕事、自分はどのような性格なのかを聞かれることも多いです。そのほかに現在受診している医療機関や現在服用している薬も聞かれるので事前にメモにとっておくと、その場でスムーズに話すことができるでしょう。

うつ病は誰にでも発症する可能性のある病気です

 うつ病は現代病とも言われていて、老若男女誰でも発症する可能性があります。最近、眠れなくなった、食欲がない、何をするにも楽しめない、など一見心の病気のように思えますが、脳の機能障害が起きているのです。 きっかけは人それぞれですが、職場での大きな挫折感や、受験での失敗、また失恋など、原因に関しては様々です。 うつ病になりやすい人の特徴として、真面目な人や、責任感の強い人、繊細でとても優しい人も、発症しやすいといえます。 もし、うつ病かもしれないと気づいたら、早期治療に専念しましょう。 専門機関で治療する方法もありますが、考え方を少し楽観的にしてみることをお勧めします。 頑張りすぎなくても大丈夫、駄目な部分があっても、自分を好きになってほしいと思います。

治療をすれば必ず回復します

 うつ病の家族がいる方は、本人に対して、絶対に良くなるという気持ちを持って、接してください。どうして出来ないの、などと叱咤をすることや、追い詰めるようなことは言わないでください。うつ病はすぐに良くなる病気ではないですが、本人が自覚して、早く治したいという気持ちがあれば、必ず回復へと向かいます。 学校へ行くことが出来なかったり、会社へ行くことを拒否したりする場合は、治療の為に、休息をとってください。無理をして、外出することで症状が悪くなる場合があります。 少しの間でも、休んで好きなことをすることが、うつ病の治療には大切です。周りからは、怠けていると思われがちですが、本人としては、十分に頑張ってきたからこそ、病気になってしまったので、家族も温かい目で接してほしいです。

告示した症状

うつ病には様々な症状が現れます。人によっては珍しい症状が出る場合もあり、この症状が別の病気の症状と酷似している場合もあります。そのため必ず専門的な立場からの判断が重要になります。

read more

うつ病治療の工夫

うつ病を発症してしまい治療するというときは様々な工夫が大切です。まずは正しいうつ病の知識を身につける必要があるでしょう。人それぞれで治療法も異なるということを知っておくべきです。

read more

治療のトレンド

うつ病の治療のトレンドは自然治癒力を用いた治療です。通常は投薬治療で抗うつ薬などを使用していきますが、副作用がないともいえません。自然的な治療ができるのが一番でトレンドになりつつあります。

read more

根本的な直し方

うつ病の治療は根本的に行うには長期的な治療と常に自分の精神状態を知っておく必要があります。再発率が高い特徴があるのがうつ病です。根本的な治療にはそれなりの工夫と理解が必要になります。

read more

遺伝でもおこる

脳機能の障害による精神疾患のことをうつ病といい、様々な症状が現れます。その一つに譜面庄や気分の落ち込み、またイライラなどがあり、時には自傷行為に及んでしまうこともあります。

read more