内科と精神科の双方から、病気を治療していきましょう

根本的な直し方

うつ病を根本的に治療するには

うつ病ではないかと思った時には、心理カウンセリングを受けると症状が緩和される場合があります。しかし、臨床心理士が行う心理カウンセリングは医師による治療ではないため、薬物療法を受けることはできません。うつ病を根本的に治療するには、医師による精神療法や薬物療法を受けることが必要になります。精神療法や薬物療法によるうつ病の治療は、心療内科や精神科に通院すると専門医による治療が受けられます。心療内科でも精神科でもどちらに通院しても大丈夫ですが、精神的なことが原因で胃が痛い時や体の節々が痛むような時には、心療内科の方が適しています。心療内科では内科的な治療も受けられますので、うつ病が原因の肉体的な症状の治療も可能になります。

心療内科や精神科が人気のある理由

心療内科や精神科がうつ病の治療に人気がある理由は、医師免許を持った専門医による専門治療が受けられるからです。心療内科や精神科では3割負担の保険診療が受けられますので、治療費が安いことも人気の理由になっています。通院が長引く場合には、国からの医療費の公的支援が受けられ、1割負担になる点も人気の理由です。心療内科や精神科では、最先端の医療機器を使った検査が受けられます。精密検査を受けることによって、うつ病の原因がわかりますので、症状に応じた精神療法や薬物療法が受けられます。入院施設がある病院では入院して治療が受けられ、うつ病を根本的に治すことができます。このようなことも心療内科や精神科の人気の理由になっています。