内科と精神科の双方から、病気を治療していきましょう

告示した症状

うつ病と似た症状が現れる病気があるのです

うつ病で現れる症状は、時に他の病気の場合にも見られることがあります。例えば、考えがまとまらず部屋を片付けることが出来ないといったうつ病の代表的な症状は、現在増えている注意欠陥性障害でも起こるのです。従って、症状に気付いた段階で早目に原因となる病気を特定することが重要になります。うつ病と注意欠陥性障害とでは治療法が微妙に異なるため、それぞれの病気に合った治療法を早目に試していくことが病気を治すためのテーマとなる訳です。そのため、うつ病が疑われる症状で治療を受ける場合には、幅広い視点で診断出来る医師の元を訪れることが必要になります。うつ病の中にも複数のタイプがあることが最近は分かってきており、病状を正確に見極められる医師を選ぶことが大切なのです。

脳の血流を正常に保つことが病気の改善に役立つことがあります

最近は、うつ病と脳内物質の関係が大きくクローズアップされています。うつ病の場合には特定の部位の血流が悪くなることも昨今は指摘されており、症状をある程度可視化することが出来る訳です。そのため、現在では外部からの刺激によって脳の血流を改善し、うつ病を治療する方法が幾つかの医療機関で試みられています。モニターなどを利用して脳内の血流を把握し、症状のパターンごとに適したアプローチを施していく訳です。このような治療はアメリカでも行なわれています。薬物療法を出来るだけ控えることで、薬による副作用を大幅に抑えることが出来るという点が注目されているのです。例えばこういった治療を行なう医療機関を探すことで、これまでとは違った治療成績が出る可能性はあります。

うつ病の治療にかかる金額や価格など

うつ病も数人に一人はかかると言われる現代病になっていますが、病気の治療も進んできているようです。脳の機能不全で発症すると言われているうつ病ですが、まだメカニズムが解らない時は、膨大な安定剤や抗うつ剤などの処方で、副作用も多くうつ病にかかると治療に時間がかかると言われていました。 しかし最近では適切な投薬で早期に治療出来る薬が処方されるようです。病状によっては休職という選択が必要となる場合がありますが、うつ病治療後の復職も早くなって来ているようになりました。 同じ環境で仕事をすると再発の恐れもあるかも知れませんが、最近では病院と勤務先などとの連携も出来るようになっています。 入院などになりますと高額医療になりますが、役所などに申請すれば戻ってきますし、通院の場合も3割負担でとなり、精神医療費が少し加算される程度です。

これまでの歴史や変換とはどんなものでしょう

うつ病の治療は処方薬の進歩と、発祥のメカニズムが解ってきたことで変わってきたと思います。最初のころは心の病気はなかなか治らないと言う思い込みがありましたが、最近では脳の物質の減少で起こる病気だと解ってきました。最近はうつ病の治療も副作用も少ない薬の処方などで、経過が良ければ早く減薬になるように医師も経過を見ながら処方してくれます。 家族や勤務先などの理解を必要とするのは変わりがありませんが、服用する薬で余計に悪くなると言う印象は無くなったと思います。 普通の生活の中でうつ病の治療を行えるようになっています。仕事をしながら勤務先と病院が連携を取りながら、周りの協力も得てうつ病の治療が行えるので、体調や気分によって我慢する必要もなくなり理解度が高くなった病気と言えます。